式を優先するか婚姻後を優先するか

結婚指輪の納品にはどのくらいかかるの?

結婚式の印象的な場面のひとつといえば、指輪の交換ですね。そんな大事なシーンに指輪が間に合わない!なんてことになったら大変です。それでは、結婚指輪の納品にはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。 お店で好みのデザインの指輪を見つけてそのまま持ち帰る…ことはせず、リング裏面に名前やイニシャル、日付を刻印するのが一般的ですよね。既製品への刻印だけでも3週間~1ヶ月は必要となります。 さらに人気のセミオーダーでは、基本のデザインから地金の種類や表面の加工を変更したり、ダイヤモンドを追加することができます。アレンジを加える分、納品までの期間は1ヶ月以上となることが多いようです。世界にひとつだけのフルオーダーの場合、デザインの打ち合わせだけにも数ヶ月が必要となることもあるようです。

結婚指輪が式に間に合わない!そんな時はどうする!?

既製品へ刻印する場合は、刻印だけ後日依頼することも可能です。購入するお店に相談してみましょう。 セミオーダーやフルオーダー、こだわりの結婚指輪が式に間に合わない!そんな時は、結婚式用に費用を抑えたシンプルな指輪を準備することをオススメします。裏面への刻印はもちろんなし。お店で選んでそのまま持ち帰れますので、式の前日でも間に合いますね。これで結婚式での指輪の交換もクリアできます。あとはこだわりの結婚指輪が手元に届くのを待ちましょう。 ただ、ひとつ注意したいのが、ウエディングフォト。リングピローに乗せた指輪の写真や指輪交換の瞬間、指輪をした新郎新婦の手元の写真など…これらは必ず撮られるウエディングショットです。一生の思い出として残るウエディングフォトに間に合わせの指輪の写真が載ることになってしまいます。